神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
こどもの発熱

発熱をともなう病気にはさまざまな種類がありますが、代表的なものとしては、いわゆる「カゼ」と呼ばれる上気道炎、喉が赤く腫れて痛みを伴う急性扁桃炎、急性中耳炎、嘔吐下痢症などの通年みられる疾患の他に、溶連菌感染症、風疹、麻疹、みずぼうそう、おたふくなどの流行性の疾患があります。また、1歳前後の乳児では発熱と同時に赤い発疹が全身に広がる突発性発疹がよく見られます。

 

生後3ヶ月未満の乳児は、お母さんからもらった免疫があります。この免疫力は、およそ生後6ヶ月くらいまで有効で、その後は風邪やその他の病気にも罹りやすくなります。その為、6ヶ月未満で38度以上の高熱が出た場合は、元気そうにみえても重篤な病気のサイン(肺炎、尿路感染、髄膜炎など)かもしれませんので早めに受診して下さい。

乳児は体温調整が未熟なので、激しく泣いたり、ミルクを飲んだりした後に体温が高くなることがよくあります。また、乳児の平熱は大人より少し高いくらいが普通なので、37度前後の熱ならそれほど心配することはありません。しかし、微熱がだらだらと続いたり、38度以上の熱が出るようなら、ウィルスや細菌性の感染症やその他の病気が疑われますので、早めに受診しましょう。

 

家庭でのケア

熱の上がり始めは、「足温頭寒」

熱があがっている間は、頭がどんどん熱くなっていくのに足は氷のように冷たく、ブルブルと寒気がします。これは、手足などの末梢の血管が収縮して体の中心部分だけが熱くなっているからです。熱が上がりきるまでの間は、少し厚着にして靴下を履かせて足を温めたり体全体を布団でくるんであげましょう。

 

熱が上がりきったら、体を冷やします

寒気が止まって足の裏も熱くなってきたら、今度は体内に熱がこもらないように薄着にしてあげます。「薄着になったら余計に悪くなるんじゃないかしら?」と思われる方が多いかと思いますが、厚着のままでは体から余分な熱を逃がすのを妨げてしまいます。小児は、体温調整が未熟なので体温もどんどんと上昇してしまいます。体を冷やすポイントとしては、大きな血管が通っている脇の下や足の付け根にアイスノンを挟んで当てたり大きめのアイスノンなどをタオルにくるんで背中全体に当ててあげるのが効果的です。

 

こまめに水分補給

発熱時は、水分が急速に奪われていきますので、こまめに水分補給して脱水症状にならないように注意しましょう。脱水の目安は、尿量や尿の色の濃さを見てあげてください。お白湯、麦茶、体内への吸収の早いイオン飲料などを少量ずつ与えます。大人用のイオン飲料は少し薄めて与えてください。人肌ぐらいの温度が良いと思います。極端に冷やしたものを与えると下痢の原因になりますので気を付けましょう。

 

食事は無理にとらなくても大丈夫

熱が高い時は、食べるのを嫌がる子が多いです。水分さえ取れていれば、全く食べなくても心配する必要はありません。熱が下がってきて楽になれば、自然と食欲がわいてきます。食べたくなったら、消化のいいもの(うどん、とうふ、おかゆ、プリン、りんご、バナナ、桃など)から少量ずつあげましょう。

 

つらそうな時は、上手に座薬を使いましょう

解熱剤はむやみやたらに使っていいものではありません。基本的には38.5度を超えた時に使うという指導をしていますが、これはひとつの目安として考えて下さい。38度以上の高熱が続いていて、ぐったりしている・・・、熱のせいで体力が落ちてきて水分も取れなくなってきた・・・、といった状態なら解熱剤を使って一旦熱を下げた方が楽になって良い場合もあります。使用する場合には、用量を守って、およそ6~8時間の間隔をあけるようにしてください。熱性痙攣(けいれん)を起こしたことがある子は、用量やタイミングなどについて事前に医師と相談して下さい。痙攣止めの座薬と解熱剤を併用するときは、解熱剤を経口にするか、座薬を用いる場合は痙攣止め(ダイアップなど)使用後少なくとも30分以上間隔をあけて使用してください。解熱剤の使用は、一時的に熱を下げる効果のみです。従って体内のウィルス・細菌退治の為に体の免疫作用が働いている限り、また熱が上がります。全身状態をみながら上手に解熱剤を使いましょう。(ただし、生後6ヶ月未満の赤ちゃんの場合は、解熱剤使用は危険な場合がありますので、使用にあたっては主治医と充分に相談してください。)

 

入浴は全身状態を見て決めましょう

熱はあっても機嫌が良く、水分も取れていて元気なら入浴は大丈夫です。入浴する時間を短くし手早く体の汚れを落としてあげましょう(病気の時に体の清潔を保つ事も必要です)。また、入浴の時間帯も工夫してあげてください。夜遅く入浴させると寝冷えをしてしまう事がありので早目の時間に入浴させたり、昼間にさせても良いと思います。入浴後は体力を消耗していますので、水分補給して安静にしましょう。

病気辞典トップへ