神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
RSウィルス

毎年、秋から冬にかけて、咳や鼻水をともなう風邪が流行します。その中でも毎年必ず出現するのが、RSウィルスというウィルス性の呼吸器の感染症です。RSウィルスは、一生のうちに何度も感染するウィルスです。生後6ヶ月以下の赤ちゃんが母親からもらう免疫力もRSウィルスにはあまり効果がなく、1歳以下の乳児の70%が感染し、2歳になるまでにはほとんどの子が感染すると言われるくらいに強い感染力を持っています。ひどい風邪を引いたような症状が続きますが、乳幼児の場合はしばしば細気管支炎や肺炎へと進展することがありますので要注意です。またその他の特徴として、インフルエンザが大流行するとRSウィルスが下火になる傾向があります。

 

主な症状

5日前後の潜伏期間を経た後、鼻風邪をひいたような症状から始まり、続いて38~39度の熱が出て、痰が詰まったような咳を繰り返し、喘息のようなゼイゼイした息苦しい感じになります。通常は、8日~15日程度で治癒しますが、ウィルスが肺胞にまで達して気管支炎や肺炎を起こした場合は、入院治療が必要になります。特に、生後6ヶ月未満の赤ちゃんが感染した場合は、数時間のうちに細気管支炎を起こして容態が急変する可能性があるので、大事をとって入院することがほとんどです。また、喘息や心疾患を持っている子どもは重症化しやすい傾向があります。

感染ルートとしては、感染した人の咳から空中に飛散したウィルスを吸い込むことによる飛沫感染や、感染した乳幼児が舐めたモノやオモチャなどからウィルスが手に付着し、目や口、鼻などの粘膜から体内に侵入します。

 

RSウィルスにかかってしまったら?

高熱があって、ゼイゼイと音がするような咳をして呼吸が苦しそうなら、RSウィルスの感染が疑われます。RSウィルスには有効な特効薬がなく、基本的には症状に合わせてお薬を処方するといった対症療法を行いますが、生後6ヶ月以下の乳幼児が感染した場合は、数時間のうちに症状が悪化したり、また乳幼児突然死症候群(SIDS)を起こす原因の1つであるとも言われていますので、できるだけ早めにクリニックを受診して下さい。

 

家庭でのケア

咳込んで苦しそうな時は、こまめに水分をとらせたり、加湿器を使ったり洗濯物の部屋干しなどをして、室内の湿度を60%前後に保つようにしましょう。喉が濡れている状態のほうが、痰がよく切れて、呼吸が楽になります。また、寝ている時に咳き込むようなら、枕を高くしたり、横向きに寝かせたりして、背中や胸の辺りを軽くトントンしてあげましょう。痰が喉の下へ落ちやすくなります。高熱がある時は、脇の下や背中にアイスノンを当てて体を冷やしてあげます。先生から解熱剤を処方されている人は、我慢しないで解熱剤を使って一旦熱を下げて、体を楽にしてあげるのもよいでしょう。食欲がないなら、無理に食べなくても大丈夫です。脱水症状を起こさないように、水分だけはしっかり取るように気をつけましょう。

 

RSウィルスの予防法

残念ながらRSウィルスに対するワクチンは現在開発途上です。従って、感染しないように生活習慣に気をつけることが最大の予防策となります。外出から帰ったら、うがい・手洗いを忘れずに行いましょう。冬から春にかけてRSウィルスが流行している時期は、爪を短く切っておいたり、こまめにおもちゃの消毒をしたり、お友達同士でのおもちゃの共有をやめるなど、普段よりも衛生面に気をつけましょう。そして、何よりも栄養、睡眠と適度な運動をとって、体の抵抗力を高めるようにすることです。

病気辞典トップへ