神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
嘔吐下痢症(おうとげりしょう)

嘔吐下痢症とは、ロタウィルスやアデノウィルス、ノロウィルスなどのウィルスが口に入って胃腸に感染して引き起こされる急性胃腸炎です。突然激しく吐き始めることが多く、まもなく黄色っぽい(または白色)水様便で下痢を繰り返します。最も代表的なのはロタウィルスで冬場によく流行します。ノロウィルスは、ここ数年で流行件数が増え続けており、患者の嘔吐物、排泄物または、ウィルスの付着した食品(カキなど)を摂取することで感染します。特にここ最近は毎年のように流行しており、乳幼児や高齢者が感染すると重症化することがあるので要注意です。

抗生物質は無効な事が多く特効薬はありません。一般的に嘔吐・下痢などの症状を改善するための対症療法を行います。嘔吐や下痢が長引いてほとんど水分が取れていないような場合には、脱水症状が疑われますので、早めに受診してください。必要に応じて点滴処置を行います。

 

主な症状

はじめのうちは風邪と似たような症状ですが、やがて胃がムカムカしてきて激しく吐き始め、1~2日ほど嘔吐が続きます。下痢は3~4日のうちは回数も多く水のようなサラサラ便になりますが、徐々に収まって1週間ほどで改善されます。38度~39度位の熱が出ることもあります。

 

家庭でのケア

嘔吐、下痢が続いている間は・・・

とにかく安静にして体を休めます。嘔吐が激しい間は、内服薬を飲んでもすぐに吐いてしまうので、吐き止めの座薬などを使いながら嘔吐がおさまるのを待ちます。嘔吐症状が強い時は、刺激性の少ないイオン飲料(子供の場合は少し薄めて使用しましょう。また子供用のイオン飲料を使用します)を常温で少量ずつ摂取してください。その間は、できれば固形物避け、吐き気がおさまった頃に少しずつ摂取しましょう。オレンジジュースなどの柑橘系は吐き気を引き起こしやすいので避けたほうがよいでしょう。脂肪分が多い物、刺激物は避けてください。また、体を冷やさないように保温にも気をつけましょう。

 

嘔吐が止まって、下痢の回数も減ってきたら・・・

おかゆ、柔らかく煮たうどん、柔らかく煮た野菜(かぼちゃ、大根など)、かれい・たらなどの脂肪分の少ない白身の魚などを少しずつ食べ始めます。あまり無理をして量を増やそうとしたり、栄養を取ろうとしたりする必要はありません。むしろ、弱った胃腸を少しの間休ませてあげるような気持ちで、約1週間かけて元の食事状態へ徐々に戻していきましょう。脂肪分や糖分、油分の高いもの、乳製品や繊維質のものは、下痢が改善されるまでは控えたほうがよいでしょう。

 

2次感染を防ぐために・・・

ロタウィルスやノロウィルスは一度かかったからといって免疫が付くことはなく、何度もかかることもあります。発症した人の便からは、少なくとも1週間(場合によっては約1ヶ月)便中にウィルスが排出されますので、乳児のおむつ替えをした後やトイレの後には手をよく洗って消毒し糞口感染を避けましょう。また、直接便に触った手から感染するだけでなく、発症した人の嘔吐物や周りにあるおもちゃ、衣類からも接触感染する可能性もありますので、発症してからしばらくの間はタオルの共有を避け、おもちゃもこまめに消毒(ミルトン、次亜塩素酸ナトリウムなど)するように心がけましょう。

病気辞典トップへ