神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
とびひ

夏になると、保育園や幼稚園では「とびひ」にかかる子どもが増えてきます。かゆみの強い水疱が体中にあっという間に広がります。「飛び火」のように、パッと広がることから「とびひ」という名前が付けられました。

     

 

「とびひ」の正式名称は、伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と呼ばれ、黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)などの細菌が原因となる皮膚の感染病です。 感染経路としては、蚊や虫にさされた所、あせも、かき傷、すり傷や湿疹をかきむしったところに爪や手に付着した細菌が入り込んで炎症を起こします。特に、皮膚の弱い子、アトピー性皮膚炎の子は、皮膚の抵抗力が弱いために感染しやすくなります。また、レンサ球菌が原因の場合は、発熱することがあります。

とびひは、非常に感染力の強い皮膚病です。水ぶくれになった所をかきこわすと、あっという間に全身に広がるだけでなく、他の子にも感染してしまいますので、早めに受診するようにしましょう。

 

  • 虫さされの跡がいつまでもかゆくて、ジュクジュクしてきた
  • 水ぶくれのような湿疹が体中に広がってきた

 

とびひの治療法

とびひは、細菌性の感染症ですので、抗生物質が有効です。抗生物質の飲み薬とともに、かゆみをおさえるために抗ヒスタミン剤の飲み薬を使うこともあります。

ジュクジュクした患部やかさぶたは、シャワーの時にせっけんをよく泡立てて、そっと洗います。清潔なタオルでそっと押さえるようにして水分をふき取り、消毒して、よく乾かしてから抗生物質の入った軟膏をぬって、ガーゼで覆います。小さな水疱は無理に潰さず、大きな水疱なら、中の液が他へ付着しないように注意しながら、潰して出してしまってもかまいません。ガーゼは1日に1~2回取り替えましょう。

お風呂は、湯船にはつからず、シャワーだけにするようにしましょう。また、家族でタオルを共有するのは避けたほうがよいです。洗濯は一緒にしても大丈夫です。

 

とびひの合併症

とびひにかかっている間に、発熱したり、症状が悪化しているような場合は、合併症が疑われますので、早めに皮膚科、小児科を受診して下さい。特に0~2歳までは重症化しやすいので必ず受診して下さい。

SSSS

ブドウ球菌によるとびひの場合、ブドウ球菌から出る毒素によって、皮膚が熱傷したように剥けてしまう全身性の病気で、SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)と呼ばれます。

腎障害

溶連菌によるとびひの場合、溶連菌から出る毒素が原因でまれに腎障害になることがあります。

 

予防法

とびひは、虫刺されなどの跡を汚れた手で掻くことがほとんどの原因です。日ごろから爪は短く切って、こまめに手をあらうようにしましょう。特に、とびひの原因となるブドウ球菌は、鼻の中に多くありますので、鼻をほじった手で傷や虫刺されの跡を掻かないように気をつけましょう。

また、乳児の場合は、いくら言い聞かせても、際限なく掻きむしってしまいますので、早めにかゆみ止めを塗ってあげたり、掻き壊さないようにかゆみが収まるまでは絆創膏を貼って保護するなど、工夫してみましょう。

 

登園、登校について

とびひは、非常に感染力が強いので、他の子に感染しないように、登園、登校は医師から登校許可がでるまで控えましょう。きちんとした治療を受けていて、患部をガーゼでしっかりと覆って露出していなければ、外出は大丈夫です。特に、プールは完全に治るまで厳禁です。

 

*本記事は、アステラス製薬の「とびひ読本」から引用しています

病気辞典トップへ