神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
おむつかぶれ

赤ちゃんがおしっこやうんちをした後に、おむつを交換しないでそのままにしておくと、おしっこから出るアンモニアなどの化学物質や、うんちの成分が皮膚に刺激を与えて、皮膚がかぶれてしまいます。特に、胃腸炎などで下痢が続いたりするとかぶれがひどくなります。また、おむつと皮膚が擦れることで皮膚炎を起こすこともあります。

 

おむつかぶれの予防策

おむつはこまめに取り替えましょう

おしっこやうんちが出たな?と思ったら、なるべく早めに取り替えましょう。そのままにしておくと、中がむれておむつかぶれを起こします

 

おしりはぬるま湯であらって、しっかり乾かしましょう

一番いいのは、おむつ替えのたびにおしりをぬるま湯で洗って、よく乾かしてから新しいおむつをはかせるのがよいです。また、おむつかぶれになってしまっても、毎回洗って乾かしてあげればすぐに良くなります。例えば、ペットボトルの空き容器などにぬるま湯を入れて、古いおむつをおしりの下に敷いたまま、ピュッと押し出して洗ってあげると簡単に洗えます。

 

紙おむつを過信してはいけません

最近の紙おむつは、ムレにくい工夫がされていますが、それでも長時間つけたままにしておくと、おむつかぶれの原因になります。

 

パウダー類をつけるのはNG

おむつかぶれしているところにパウダーをはたくと、粉がおしっこやうんちを吸い込んで、皮膚に吸着しやすくなりますので、逆効果です。

 

おむつかぶれの治療薬

おむつ交換のたびに洗って乾かしていても、一向に良くならない場合は、クリニックにご相談下さい。症状に合った塗り薬を処方いたします。
塗り薬は、おむつ交換の時や入浴後に塗ってあげましょう。

 

カンジタ皮膚炎

おむつかぶれが長引いたり、市販の塗り薬やステロイド入りの薬を塗り続けていると、陰部やおしりのまわりが痛々しいくらいに真っ赤になって、皮膚が薄くむけてくることがあります。これは、カビの一種であるカンジタ皮膚炎の可能性がありますので、クリニックを受診して下さい。

一般的なおむつかぶれの薬では効果がなく、カビに効く塗り薬が必要になります。

 

その他、赤ちゃんのおしりトラブル

新生児の肛門周囲のただれ

生後まもない赤ちゃんの肛門周囲にびらん(赤いただれ)が見られることがあります。新生児の間はうんちの回数が多いため、おしりの皮膚が常に刺激にさらされています。うんちをしたら早めにぬるま湯洗浄して、おむつ交換してください。症状が改善されない場合はクリニックを受診しましょう。

 

肛門部のいぼ

赤ちゃんの肛門部にイボのようなものができることがあります。これは、便秘で便が固くなり、切れ痔になったことが原因です。肛門をみはっているように見えるので、「見張りイボ」と呼ばれることもあります。症状によっては、便秘治療やおしりのケアが必要になることがありますので、クリニックを受診して下さい。

 

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)

肛門周囲にできるおできで、生後3ヶ月以内の男の子の赤ちゃんに多くみられます。細菌感染が原因で起こるもので、大きくなってきたら切開して、中の膿を出すこともあります。再発を繰り返したり、できものを圧迫すると肛門から膿が出るような場合もありますが、ほとんどの場合は1歳までに自然治癒します。

 

本記事は、日本外来小児科学会発行の小冊子「おむつかぶれ」から引用しています

病気辞典トップへ