神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
熱性けいれん

子どもが高い熱を出したときに、ひきつけを起こすことがありますが、これは熱性けいれんと呼ばれ、子どもの約8~10%が経験すると言われています。熱性けいれんは、生後6ヶ月~6歳までの子どもによく見られ、38度以上の高熱が出た時に起こります。熱が急に上がると出やすいのも特徴です。

ほとんどの場合は、1~2回程度で終わりますが、中には何度もけいれんを繰り返す子もいます。しかし、年齢が上がるにつれて起こりにくくなります。

短時間のけいれんであれば、何度も繰り返したとしても脳に悪い影響を及ぼすことはありませんので、ご安心下さい。

 

けいれん発作時の状況

けいれんをおこすと、突然意識がなくなって、手足を強くつっぱったり、ぴくぴく、がくんがくんと体を震わせます。目は1点を見つめていたり、白目をむいたりします。息を止めて唇の色が紫色になったり、顔色が真っ青になり、歯を食いしばったりします。呼びかけても反応がありません。

また、体のぴくつきはほとんどなく、目がぴくっ、ぴくっと動くだけという時もあります。こうした症状は、ほとんどの場合5分以内におさまり、意識が戻るか、そのまま眠ってしまいます。

 

けいれんを起こしたら?

けいれんしているのを見ると、大慌てで救急車を呼ぶ方もいらっしゃいますが、ほとんどが短時間で元に戻りますので命にかかわることではありません。まずは落ち着いて、けいれんを起こした時刻を確認し、次のような順序で対応しましょう。

 

1.静かに横向きに寝かせる

体をゆすったりしないで、静かに横向きに寝かせます。吐くことがありますので、体を横向きにして、吐いたものが喉につまらないようにします。

2.姿勢を楽にして衣服をゆるめる

強く舌をかむことはありませんので、口の中に指やモノを入れないで下さい。かえって口の中を傷つけたり、吐く原因になったりします。

3.落ち着いて状況を観察する

けいれんがどのくらいの時間続くのか計ります。5分以上続く時は救急車を呼んで受診しましょう。 けいれんを起こしている間、次の点に注意して様子を見てください。

 

  • 目が片方にだけ寄っていないか?
  • 片方の足だけがけいれんしたり、硬くなったりしていないか?
  • 体温を測っておきましょう。けいれんがおさまった後でも大丈夫です
    (けいれん後は体温が高くなっていることがあります)

 

初めてけいれんを起こした場合は、短時間でおさまったとしても、すぐにクリニックを受診して下さい。以前にもけいれんを起こしたことがある子は、短時間でおさまった場合はなるべく早めに受診して下さい。

 

こんな時はすぐに受診して下さい!

次のような症状の場合は、ただちに受診して下さい。

 

  • けいれんが5分以上続く時は、救急車を呼びましょう。
  • けいれんが起こる前から意識状態がおかしい時、またはけいれんが止まっているのに意識が戻らない時
  • けいれんを24時間以内に何度も繰り返す時
  • 体の一部だけがけいれんしている時
  • 目が片方にだけ寄っている時

 

高熱が出たときのひきつけが、全て熱性けいれんというわけではありません。まれに脳炎や髄膜炎といった神経への感染によることがありますので、けいれんを起こした時は必ずクリニックを受診することをお勧めします。

けいれんを起こした時の状態によっては、脳波の検査を受ける必要がある場合もあります。

 

けいれんの予防策

ほとんどの場合、熱性けいれんを繰り返すことはなく、またけいれんを繰り返すことで障害が残ることもありません。しかし、熱が出たときに早めにけいれん予防の薬を使うことで、けいれんを未然に防ぐことができます。

熱が出たらすぐにけいれん予防の座薬を使います。熱が続くようなら、8時間後にもう一度使います。熱さましの座薬を使うときは、けいれん予防の座薬を使ってから30分以上の間隔をあけて下さい。

熱さましの薬を早めに使ったからといって、けいれんを予防する効果は期待できません。けいれんを起こさないように・・・・と思って、熱さましを乱用しないように注意してください。

また、予防の必要があるかどうかは、クリニックの医師と相談してください。

 

予防接種は受けられる?

以前は、熱性けいれんを起こしたことのある子は、最後のけいれん発作から1年間は予防接種を受けることができませんでしたが、現在はある程度の間隔をあければ予防接種を受けられるようになりました。

どの予防接種を受けるべきか、また受けたあとに熱が出た場合の対処法などについて、クリニックの医師とよく相談してください。

病気辞典トップへ