神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

女性に多いこの病気は、簡単に言ってしまえば骨がもろくなる病気です。これは、不規則な食生活やホルモンバランスの乱れによって、血中のカルシウムが不足した時に、それを補おうと骨の主成分であるカルシウムが溶け出して骨の密度が減り、軽石のようにもろくなってしまう病気です。

 

背中を丸めて歩いている高齢者を見かけることがありますが、これは骨粗鬆症になって背骨が弱くなり変形している状態です。また、高齢になって背が縮んでくるのも症状のひとつです。骨粗鬆症にかかると、ちょっとした打撲でも骨が折れやすく、また治るのにも時間がかかります。特に、高齢の方は、太ももの骨(大腿骨)を骨折すると、そのまま寝たきりになってしまうケースが多いので注意が必要です。

 

骨粗鬆症の原因

骨の形成には、さまざまなホルモンが関係しています。骨は一度作られると、永久に変わらないようなイメージがありますが、実はほかの組織と同じように、活発な新陳代謝を繰り返しています。正常な人は、古い骨を壊し(破骨細胞)新しい骨を形成する(骨芽細胞)というプロセスが一定のバランスで繰り返し行われています。しかし、高齢化によってホルモンのバランスが崩れたり、不健康な食生活や生活習慣によって、カルシウムが不足すると、骨を壊す働きのほうが活発になります。また不足したカルシウムを骨から取り出して補おうとするために、骨のカルシウムが溶け出し、やがてスカスカの状態になってしまうのです。

 

この病気が女性に多い理由は、女性は閉経後にホルモンバランスが大きく変化し、骨を形成するために必要な女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少するためです。

 

骨粗鬆症の検査

背骨のレントゲン写真と骨密度の測定を行い、背骨に圧迫骨折がある、または骨密度が低い場合は、骨粗鬆症と診断されます。

 

骨粗鬆症の治療

まずは食生活を見直し、適度な運動をするようにして生活習慣を改善することが基本です。骨密度が大幅に減少している人は、ビタミン剤を服用してカルシウムの吸収を助け、骨密度の増加を促進する薬を服用します。

 

骨粗鬆症の予防と生活改善

カルシウムたっぷりの食事を取るようにしましょう

リン、マグネシウムも骨の材料になりますので、合わせて摂るようにしましょう。ただし、リンの摂りすぎはカルシウムの吸収を妨げるので、ほどほどに。

 

日光浴しましょう

日光に含まれる紫外線が皮下脂肪に当たると、ビタミンDが生成されます。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けます。魚や肉の肝臓、バター、卵黄にもビタミンDが含まれています。

 

薄味で、1日3回バランスのとれた食事

タンパク質や塩分の摂り過ぎは、カルシウムの利用効率を悪くします

 

アルコールはほどほどに、できれば禁煙を!

アルコール、喫煙は、カルシウムの吸収を悪くします。

 

適度な運動

骨の形成には、運動が欠かせません!散歩、ウォーキング、ジョギング、水泳など、自分のペースでできる運動を選んで、日常的に体を動かすようにしましょう。高齢者の方には、散歩や温水プールでのウォーキングなどがお勧めです。

病気辞典トップへ