神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
胃潰瘍(いかいよう)

胃潰瘍とは、ストレスなどによる胃酸の過剰分泌、ピロリ菌の感染、鎮痛剤などの非ステロイド系抗炎症薬による胃粘膜の炎症など、様々な理由で胃の粘膜が傷つき、穴が空いたりする病気です。たとえば、健康な人の胃は、胃酸から粘膜を保護するために粘液を分泌しています。胃液に含まれる胃酸が「攻撃因子」、胃の粘膜を保護する粘液が「防御因子」だとすると、このバランスがなんらかの原因で崩れて攻撃因子が強くなってしまうと、胃粘膜が攻撃されて炎症を起こします。

 

胃のどの部位に潰瘍ができるかによって、「胃潰瘍」と「十二指腸潰瘍」に分けられます。比較的年齢の若い人は、十二指腸潰瘍のほうになりやすく、年を取るにつれて胃潰瘍になりやすい傾向があります。

 

 

主な自覚症状は、腹痛です。特に、食後にみぞおちの辺りに痛みを感じます。十二指腸潰瘍の場合は、空腹時に痛みを感じ、食べると落ち着くという特徴があります。胃潰瘍ができていると、胃酸が多く出ていることから、胸やけ、ゲップ、食欲不振などの不快感が出ます。潰瘍で胃から出血している場合は、吐血、下血することもあります。

 

胃潰瘍の原因

胃潰瘍の主な原因は、「胃酸」の過剰分泌であるというのが通説でした。しかし、近年になって「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)」という細菌が発見され、これが胃潰瘍の最も大きな原因となっていることがわかってきました。現在では、ピロリ菌の除菌治療が胃潰瘍の基本的な治療法として位置付られ、健康保険適用のもとで診断と治療ができるようになっています。

 

ピロリ菌は、胃の中でしか生きられない細菌で、口から感染します。ピロリ菌は、自ら高濃度のアンモニアを生成し、胃の中の胃酸を中和して生息します。十二指腸潰瘍の場合、このアンモニアが刺激となったり、ピロリ菌が胃上皮に付着して胃酸分泌を抑制する因子が阻害されたりして、胃酸が過剰分泌となります。また、胃潰瘍の場合は、ピロリ菌が胃全体に広がって、胃体部に炎症を起こし、粘膜が委縮して防御機能が低下します。

 

また、よく病院で処方される熱さましや痛み止めに使われる非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)は、長期服用したり乱用すると、胃に負担がかかって胃の粘膜を荒らすので、胃潰瘍になることがあります。通常は、胃を保護する胃薬と一緒に処方されます。医師の指示に従って、正しく服用するようにしましょう。

 

胃潰瘍の治療方法

胃潰瘍の治療は、まず胃酸の分泌を抑制することが基本です。胃酸がどんどん出ていれば、傷口に塩酸をかけ続けているようなもので、治りにくくなります。まずは、胃酸を抑制する薬を服用し、次にピロリ菌が発見された場合は、ピロリ菌を除去する抗生物質を1週間程度服用します。ほとんどの場合は、手術の必要はなく、薬の服用で2~3か月程度で治癒します。

 

胃潰瘍は再発しやすいという特徴を持っています。というのは、ストレスや生活習慣が原因で、胃酸の防御因子と攻撃因子のバランスが崩れたような場合は、その人の性格や習慣、生活パターンを改めなければ、またバランスを崩す可能性が高いからです。

 

胃潰瘍の治療には、薬だけでなく、生活の見直しも重要です。
小さな事でクヨクヨしたり、神経質な人、人間関係に悩むような人は、自分にあったストレス解消法を見つけて、ストレスをため込まないようにしましょう。また、規則正しい生活を心掛けて、胃に負担がかからないようにしましょう。食生活においても、高カロリー食や香辛料の強いもの、コーヒーやアルコールなどを摂りすぎないようにしましょう。また、たばこは胃の血流を悪くして胃潰瘍を誘発するので、禁煙しましょう。

病気辞典トップへ