神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
ノロウィルス

最近、ノロウィルスによる食中毒が、季節を問わず一年中蔓延しています。ノロウィルスとは、非常に小さな粒子で、食品や感染した人との接触、または便や嘔吐物などを介して感染し、体内でウィルスが増殖して嘔吐、下痢などの胃腸炎を起こします。
非常に感染力が強く、感染した人の嘔吐物が乾燥し、ウィルスが空気中に飛沫すると、空気感染する可能性もあります。

 

主な症状

ノロウィルスの潜伏期間は、24~48時間と非常に短く、感染すると激しい嘔吐や下痢を繰り返します。発熱する場合もありますが、1~2日程度で体内のウィルスが排出されれば、特に治療しなくても治ることが多いです。

主な感染経路

食品の中では、カキやアサリ、しじみ、ハマグリなどの貝類が主な感染源となります。ノロウィルスに感染した貝類を生で食べると、体内でウィルスが増殖します。

 

また、ウィルスに感染した人が調理した食品を食べた場合など、例えば学校給食や医療機関や老人施設の食事で集団感染する例が多く報告されており、衛生管理が問題視されています。その他、ウィルスに感染した人の嘔吐物、排泄物を処理した人の手から体内に侵入して感染するケースも多く、特に家族の中で誰かが感染すると、他の家族への二次感染は避けられないほどです。

感染予防する方法

まず、食品については十分に加熱調理したものを食べるようにすることです。特に、ノロウィルスが流行っている時期は、貝類を生で食べるのは控えたほうがよいでしょう。
また、調理する人は、爪の間までしっかりと手洗いした後にアルコール消毒すればかなりの予防効果があります。まな板や調理器具は、85度以上の熱湯で1分以上加熱消毒します。台所用漂白剤には次亜塩素酸ナトリウムが含まれており、これがノロウィルスの消毒に非常に高い効果がありますので、フキンや調理器具をつけ置き消毒すればさらにウィルスの活性化を抑えられます。

 

最も厄介なのが家族内での二次感染です。家族に感染者が出てしまった場合は、完治するまでの間、直接的な接触やタオルの共有を避け、洗濯物も別に分けて洗うようにしましょう。嘔吐した場合は、絶対に素手では処理せずに、必ずゴム手袋をはめて嘔吐物をビニール袋に回収し、しっかりと口を閉じて捨てます。拭き取るために使ったティッシュやタオルなども、ビニール袋に入れて完全に密閉した状態で廃棄しましょう。

 

吐いた後の洗面器や便器は、面倒でも毎回きちんと洗って、次亜塩素酸ナトリウムで消毒するようにしましょう。また、嘔吐物で衣服が汚れてしまった場合や布団、床、じゅうたん、洗面器などに嘔吐物が付いてしまった場合も、次亜塩素酸ナトリウムに浸して消毒し、その後しっかりと日干ししましょう。
下痢で汚れた便座、便器も同様に次亜塩素酸ナトリウムで消毒しておきましょう。オムツは、ビニール袋に入れてしっかり口を閉じて捨てましょう。

 

主な治療方法

ウィルスに対する特効薬はありませんので、結果的には嘔吐や下痢によって、ウィルスが体内から排出されるのを待つことになります。しかし、腹痛や嘔吐、下痢がひどい場合は、こうした症状を和らげるお薬を処方します。しかし、安易に嘔吐・下痢止めを利用すると、体内からウィルスが排出されるのを妨げることになり、かえって症状が悪化する場合がありますので、自己判断して市販薬を飲まずにクリニックにご相談下さい。最も心配なのは、嘔吐や下痢を繰り返すことで脱水症状になることです。特に気分が悪い時は、何も口に入れたくない気持ちになりがちですが、こういう時こそしっかりと水分補給するように気をつけて下さい。

 

 

病気辞典トップへ