神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
乳ガン

国内の乳ガン患者は、年々増える傾向にあります。現在では、女性の100人に1人が乳ガンになると言われる程、とても発生率の高いガンです。男性で乳ガンになる人は全体の1%にも満たない程度ですが、全くかからないというわけではありません。また、家族歴がある人は発病率が高くなります。

 

乳ガンとは?

細胞がガン化すると、その部分がふくらんで、グリグリした感じのしこりになります。ガン細胞が乳房の内部(つまり、乳腺や乳腺葉)だけに留まっていて、周りの組織に広がっていない場合(非浸潤ガン)は、手術すれば完治する可能性が高く、乳腺や乳腺葉で発生したガンが、血管やリンパ管を通って周りの組織へ広がっている場合(浸潤ガン)は、ガン細胞が全身に散らばってしまうため、再発する可能性が高くなります。乳ガンの9割はこの浸潤ガンに当たります。
最も多いのが骨への転移です。その他、脇の下を流れるリンパ節から、肺や肝臓、脳などへ転移します。

 

 

乳ガンの原因のひとつに、女性ホルモン(エストロゲン)が関係していると考えられています。体内のエストロゲンが多いと、発病リスクも高くなるということがわかっています。初潮が早く来た人、閉経の遅い人、子どもがいない人、初産が遅かった人などは、エストロゲンの分泌が長く続いている状態にあり、その分、乳ガンになるリスクが高くなると考えられます。肥満体質の人も乳ガンになりやすいと言われていますが、これは、脂肪細胞がエストロゲンを生成する機能を持っていると考えられています。

 

主な症状

  • 乳房を触った時に、しこりのようなものがあると感じる
  • えくぼのようなくぼみがある
  • 皮膚が変色したり、全体的に赤みを帯びている
  • 授乳中または妊娠中でもないのに、分泌物が出る
  • 血の混じった分泌液が出る
  • 乳頭がただれ、湿疹ができている

ガンが進行すると、乳房がくぼみ、変形してきます。また、脇の下のリンパ節から他の組織へ転移している場合には、脇の下にしこりが出来たり、転移した臓器によっては各々転移部位に痛みなどの症状が出ます。

 

検診

乳ガンは自分で乳房を触診することで早期発見することが可能です。月経後2~3日経った頃に乳房の張りが取れたら、次のステップに沿って触診してみて下さい。また閉経後の方は、月に1日決まった日に行うことをお勧めします。

 

(1) 鏡の前にまっすぐ立ち、両腕を頭の後ろに回す
(2) 両方の乳房の形、色、皮膚の状態などを見て、形のかたよりやくぼみ、変色がないかどうかチェックします
(3) 湯船に入って乳房を十分に暖めます。指3本を使って、片方ずつ触診してゆきます。
(4) まず、左腕を頭の後ろに回し、右の指で乳頭を中心に時計回りにゆっくり触って、しこりがないかどうか確かめます
(5) 同様に、反対側の乳房についてもゆっくり触診します
(6) 最後に乳頭をつまんで分泌物がないかどうか確認します
(7) お風呂から出たら、布団の上に背中をまっすぐに仰向けになり、(4)~(5)の方法で両方の乳房を触診します
(8) 脇の下や首の付け根にしこりがないかどうかもチェックしておきましょう

 

こうした自己検診は、毎月続けることが大切です。はじめのうちは、触ってみてもどういう状態が異常なのか見分けにくいものですが、続けていくうちに自分の乳房の正常な状態を知ることで、変化があった時にすぐに気が付くことができるからです。

 

検診

乳ガンは、早期発見、早期治療すれば90%の確率で治ります。しかし一方で、発見が遅れて、ガン細胞が血液に入り込み、肺、肝臓、脳、骨などの他の臓器へ転移すると、治る確率がどんどん低くなりますので、定期的な健診が非常に大切です。30歳を過ぎたら、毎年ガン健診を受けるようにしましょう。

 

検査

X線検査(マンモグラフィ):

乳ガン検査の装置に乳房を挟んで検査します。短時間で検査できる上に、触診では見つかりにくい小さなガンを発見することができます。

 

超音波検査:

超音波検査は、人体に全く無害なので、妊娠中の方や頻繁に検査を受ける必要のある方には特に適しています。超音波検査では、しこりの部分が固形なのか液体がたまっているのかを判別することができます。

 

治療

基本的には、外科手術によって病巣を切除することになりますが、どのような方法で切除するかについては、主治医とよく相談の上、患者さん本人が選択することができます。従来は、乳房の全て、乳房の下の胸筋、脇の下のリンパ節を切除する全摘手術が最も一般的な方法でしたが、乳房を失うことは患者さんに大きな負担と精神的苦痛を強いてきました。しかし現在は、ガン進行度合いや腫瘍の種類、年齢や既往症など患者さんの状態を考慮した上で、乳房を温存しながら部分的に病巣を切除し、術後に放射線治療やホルモン治療を組み合わせるなど、様々な治療法を選択することが可能です。放射線治療は、部分的な切除手術の後に、X線を乳房や脇の下のリンパ節に照射し、周辺に残っている可能性のあるガン細胞を破壊します。

 

予防のために日常気をつけること

乳ガンは食生活に深い関係があることがわかっています。脂肪の多いモノや高カロリーな食事を好む人は乳ガンになりやすいと言われていますので、摂り過ぎないように注意しましょう。また、普段から自分で触診することを習慣付け、乳房の正常な状態を知っておくことが大切です。

緑黄色野菜、とうもろこし、果物など食物繊維を多く摂り、脂肪分の多いものは控えましょう

食物繊維が多く摂れば、腸内の悪玉バクテリアによるエストロゲンの再吸収を妨げ、エストロゲンの血中量を減らす効果があります。生きたヨーグルトなどの発酵乳製品には、善玉バクテリアが多く含まれていることから、腸内のエストロゲンの再吸収を妨げることができます。

刺激の多い食べ物は控えましょう

コーヒー、チョコレート、香辛料、強いアルコールなどの刺激物は控えましょう、

十分な休養をとりましょう

十分な睡眠をとり、ストレスをためないようにしましょう。

30歳を過ぎたら、定期的に乳ガン検診を受けるようにしましょう

病気辞典トップへ