神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
大腸ガン

大腸ガンは多くの場合、大腸の粘膜にできたイボ(大腸ポリープ)がガン化することによって発病します(ポリープの出来ない大腸ガンもあります)。全てのポリープがガン化する訳ではありません。内視鏡検査によって、ポリープの形や大きさ、表面の様子を見ることで、ガンになるポリープかどうか判断して切除します。自然消滅してしまうようなポリープもあります。

 

大腸ガンとは?

大腸ガンは、遺伝子の変異に関係していると言われています。普段の食事の中に含まれる有害物質(発ガン物質)によって、大腸の粘膜を形成する遺伝子がダメージを受けると、その結果、細胞変異が起こって、小さなポリープができ、やがてポリープガンに発展します。

 

検診

大腸ガンは手術後の生存率が最も高いガンです。初期のポリープのうちに切除すれば、ほとんどの場合、治すことができますので、定期的な健診が非常に大切です。40歳を過ぎたら、毎年ガン健診を受けるようにしましょう。

 

初期症状

初期はほとんど自覚症状がありません。

 

主な症状

血便(血が混じる、黒い便)、便が細い、残便感、腹痛、下痢、便秘などが主な症状として挙げられます。またガンが進行すると、腸閉塞を起こすことがあります。

 

検査

検便:

便に含まれる微量の血液を採取して、その成分を検査します(潜血反応)。陽性なら大腸ガンやポリープが疑われます。

 

X線検査:

造影剤を肛門から注入し、レントゲンでポリープの有無を調べます。粘膜から隆起している隆起型ポリープは発見できます。

 

内視鏡検査:

内視鏡は、細いホースのような管の先に小型カメラが付いており、これを肛門から入れて大腸の粘膜を直接観察します。X線検査と比べるとより細部にわたって調べられ、また、組織診により悪性度判断します。

 

治療

手術によってポリープを切除します。早期ガンなら、ほとんどの場合、内視鏡で電気メスによって切除できます。しかし、下図にあるようにガンが粘膜下層にまで達していると、他の臓器への転移の可能性が高いので、開腹手術で病巣の周りの組織と一緒に切除します。

ひと昔前までは、手術によって排便機能が失われ、人工肛門を使うことが多く、患者さんの負担になっていましたが、現在は出来るだけ直腸機能を残し、人工肛門を使わなくて済むように手術の方法も改善されています。比較的早い時期の癌は、小さな傷で済み、術後の回復も早い腹腔鏡手術が主流となっています。

 

予防のために日常気をつけること

大腸ガンは食生活と密接に関係しています。主に「肉類」に代表される動物性脂肪は、危険因子とされ、大腸ガンの原因となる発ガン物質が多く含まれると考えられています。反対に、野菜に多く含まれる食物繊維は防御因子とされ、ガン化を予防してくれる効果がありますので、野菜を多く取る習慣をつけることが大切です。

野菜を多く取る食習慣をつけましょう

大腸ガン予防には、食物繊維とビタミンが良いとされています。大腸ポリープが発見されてから、慌てて食生活を改善してもあまり効果がないと言われていますので、自分だけでなく、子ども達にも野菜中心の食生活をさせるようにしましょう。便秘もガンの誘因とされています。食物繊維を多くとって、便秘を解消しましょう。

肉なら鶏肉、魚を優先的に食べましょう

肉の中でも鶏肉は、発ガン物質が比較的少ないとされています。

アルコールを控えましょう

特にビールは危険因子とされています。飲むなら焼酎などの蒸留酒にしましょう。

十分な運動をしましょう

運動不足で腸の活動が鈍くなると、有害物質が長く腸に滞在することになります。

40歳を過ぎたら定期的に内視鏡検査を受けましょう

ポリープを早期に発見し、切除することによって、大腸ガンの9割が予防できると報告されています。

病気辞典トップへ