神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
胃ガン

胃ガンとは、胃の粘膜にできた悪性腫瘍のことを言います。様々なガンの中で、胃ガンは日本人に最も多いポピュラーな病気として知られています。

胃ガンは、胃の粘膜の炎症が引き金となります。胃炎を起こすと、炎症部位が腸上皮化生と呼ばれるガン化しやすい粘膜に変化します。ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)という名前を聞いたことがある方は多いかと思いますが、ピロリ菌は慢性の胃炎や胃潰瘍を起こす原因のひとつであり、ピロリ菌に感染すると胃ガンのリスクが高くなると言われています。

 

胃の壁は、上図のようにいくつかの組織層から構成されています。ガンが粘膜下層までしか浸潤していない場合(早期ガン)は、転移の可能性も低く、内視鏡手術で病巣を取り除くことができますが、粘膜下層より更に深く筋層にまで達すると(進行ガン)、他の臓器への転移の危険性が高くなるだけでなく、手術による除去も困難になります。

 

検診

胃ガンは早期に発見できれば、約9割が治ると言われています。しかし一方で、胃ガンの進行は非常に早く、発見が遅れると、ガン細胞が血液に入り込み、肺、肝臓、脳、大腸などの他の臓器へ転移し、治る確率がどんどん低くなりますので、定期的な健診が非常に大切です。40歳を過ぎたら、毎年ガン健診を受けるようにしましょう。

 

初期症状

初期症状や自覚症状はほとんどありません。「どうも最近胃がムカムカする・・」と不快感を感じ始める頃には、すでにガンが進行していることがあり、注意が必要です。

 

主な症状

胸焼け、消化不良、食欲不振、膨満感
吐血(コーヒーのようなどす黒い色)、血便(血が混じる、黒い便)、体重減少、貧血、 胃痛

 

検査

X線検査:

病変の場所や大きさ、深さなどを診断するのに最も一般的な検査方法として、X線検査が活用されてきました。最近では内視鏡検査を用いる病院が増えています。

 

内視鏡検査:

内視鏡は、細いホースのような管の先に小型CDが付いており、これを口から入れて胃の粘膜を直接観察します。必要に応じて、胃の粘膜から細胞を摂取して悪性度の判断を行います。

 

腫瘍マーカー:

血液や尿からガン細胞が増殖していく過程で生成される特異な物質を調べます。進行の度合いや術後の経過を見るために用いられます。

 

病変部位は、突出または陥没していることが多いので、ほとんどの場合はX線や内視鏡検査で発見することができますが、ごく初期の場合はこうした表面的な変化が少ないため、内視鏡でも見つからないことがあります。様々な検査の結果から、早期ガンと進行ガンが区別され、その後の治療方法が決定されます。

 

治療

基本的には、手術によって病巣を切除します。早期ガンの場合、内視鏡を使った手術が可能ですが、内視鏡で対応しきれない場合は開腹手術で胃を切除します。胃の下部だけを切除することが多いのですが、胃の上部に病変がある場合は、胃を全て切除することになります。

 

予防のために日常気をつけること

胃ガンは食生活に原因があるのではないか?と言われています。塩分の取りすぎ、偏った食事によるビタミン不足は、胃炎を起こす原因になります。また、たばこの中に含まれる有害物質が胃の粘膜を刺激し、胃ガンになる危険性が高くなります。

規則正しく、バランスの取れた食生活を心がけましょう

ビタミンCやカロチンを含む野菜、果物を積極的に取りましょう。豆腐などの植物性たんぱく質と、牛乳・卵などの動物性たんぱく質をバランスよくとりましょう。

胃への負担が軽くなるように、食べるモノや食べ方、調理を工夫しましょう

早食いしない(よく咀嚼する。大きな塊のまま飲み込まない)。食材は食べやすいように小さく切りましょう。

刺激の多い食べ物は控えましょう

脂っこいものは控えましょう。香辛料、炭酸飲料、強いアルコールは控えましょう。

十分な睡眠と休養

十分に睡眠をとり、ストレスをためないように工夫しましょう。

 

 

病気辞典トップへ