神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
じんましん(蕁麻疹)

じんましん(蕁麻疹)とは、突然皮膚に赤く盛り上がったような発疹が出て、掻いたところにブツブツと広がり、発疹同士がつながってミミズ腫れのようになったり、皮膚が所々赤くなったりして、強いかゆみをともなう症状のことです。広範囲に出ていた発疹が、数時間後には跡形もなくきれいに消えてしまうのが特徴です。

 

主な症状

じんましんは、何らかのアレルゲンや刺激によってヒスタミンが分泌され、それによって皮膚の血管が広がり、血管に空いた穴から血漿とよばれる液体成分が漏れて、その部分が赤く盛り上がって皮膚の表面に赤く現れている状態です。ヒスタミンはかゆみの神経を刺激する物質なので、非常に強いかゆみを伴います。じんましんの治療には、抗ヒスタミン剤を服用し、発疹やかゆみの原因物質であるヒスタミンの放出を抑制します。しかし、抗ヒスタミン剤はあくまで症状を和らげるための対症療法であり、根本的な原因を治癒するものではありません。じんましんを誘発しているモノやその他の原因を特定して、それを避けることが必要になります。

 

しかし、じんましんが出る原因は100種類以上もあると言われており、個人差もあります。一般的なのは、食物や薬アレルギー、虫やダニ、花粉などのアレルゲンへの接触、摩擦や温度の変化、日光、金属などによる皮膚への刺激、過度のストレスなどです。急性じんましんの場合は、数時間以内にすぐに発疹が出るのでわりと原因を特定しやすいのですが、さまざまな要素が複合的に絡み合っていて原因を特定するのが難しい場合もあります。次回も同じように同じ原因物質に反応するかというと、その日の体調などによっても症状が出たり、出なかったりするので、原因を特定するには時間がかかります。アレルギー性じんましんの場合は、皮膚に直接アレルゲンと思われる物質のエキスを塗布して反応をみる皮膚テストや血液検査などで、ある程度アレルゲンを特定することができますので、医師にご相談下さい。血液検査からその他の疾患が原因でじんましんを起こしていることが見つかる場合もあります。

 

じんましんが出たら?

じんましんが出たら、かゆみにまかせて掻きむしらないことです。また、体が温まると血流が増加し、反応が増悪してかゆみが強くなりますので、熱いお風呂は控えるようにしましょう。かといって、汗や汚れが残っていても痒みの元になりますので、短めに汚れを落とす程度でシャワーを浴びるほうがよいでしょう。冷たいタオルやアイスノンを軽く当てて冷やすと、かゆみが和らぎます(寒冷じんましんの場合は、冷たいモノに接触すると誘発されるので逆効果です。)衣類はチクチクしない、綿系のものを選び、シーツや掛け布団も皮膚に刺激の少ない素材のものを選びましょう。食事はアレルギーの原因と思われるものは避け、睡眠は十分に取ること。そしてストレスはため込まないようにすることです。

 

通常は数時間もすれば、発疹は自然と治まりますが、症状がひどい場合や繰り返し発症するようなら、抗ヒスタミン剤を処方しますのでクリニックにご相談下さい。特に注意しなければいけないのは、喘息などのアレルギー性疾患の既往症がある方です。急に症状が悪化する危険性があるので、全身にじんましんが出たり、呼吸困難などの症状がみられる場合は、なるべく早めに救急外来を受診して下さい。

病気辞典トップへ