神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
ヘルペス感染症

ヘルペスといえば、口の周りや口の中に水庖ができている様子を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?ヘルペスとは、ヘルペスウィルスと呼ばれるウィルスに感染することで起こる皮膚病で、水ぼうそうもその一種です。口の周りに出来るのはヘルペス性口内炎で、単純疱疹(たんじゅんほうしん)と呼ばれる種類のもので、その他に帯状疱疹(たいじょうほうしん)といって、神経の流れに沿って全身に帯状の水庖が出るものもあります。

 

単純疱疹(単純ヘルペス)

ヘルペスウィルスは、感染者との直接的または間接的な接触によって感染します。特に、単純ヘルペスは非常に感染力が強く、症状の出ている間が最も感染力が強い時期です。ウィルスは唾液の中でも生きているので、感染している人が使ったグラスで回し飲みしても感染します。

 

単純ヘルペスには、くちびるの周りなど顔を中心として出る1型と、下半身に出る2型があります。

 

感染すると、体内にウィルスが潜伏し、風邪をひいたり疲れが溜まっていたりして体力が弱っていると、水庖や発疹となって現れます。一旦治っても、体内(神経細胞)にウィルスが潜伏しているので、繰り返し発症することが多いのも特徴です。

 

放っておいても2週間くらいでかさぶたになって、ポロっと取れて治りますが、肌の弱い人や皮膚が柔らかく敏感な乳幼児は、かさぶたになっていた部分の皮膚が凹型にくぼんで、跡が残ることがあります。

 

ウィルスの増殖を抑えて早めに治療するのが大切です。できるだけ早くクリニックを受診して、抗ウィルス薬やぬり薬をつけて早めに治療しましょう。

 

帯状庖疹(帯状ヘルペス)

帯状疱疹は、子供の時にかかった水ぼうそうのウィルスが再発して、別の形で症状となって現れるヘルペス感染症です。長年体内に潜伏していた水ぼうそうウィルスが、ストレスや体調不良、風邪などで体力が弱っている時に、活性化され発病します。加齢による体力低下や免疫力低下で、大人になってから発病することが多く、特に40~50歳以上の方がなりやすい傾向があります。高齢者が発病すると、皮膚症状が改善された後に神経痛が長く残ってしまうこともあります。

 

帯状疱疹を発病すると、神経の流れを伝って、皮膚に帯状の水庖が現れます。ウィルスが神経を伝ってくるためにピリピリした痛みを伴い、ひどい場合は服が擦れるだけでも激痛が走り、眠れないほどの痛みに苛まれる人もいます。症状に応じて、鎮痛剤やビタミン剤を処方します。

 

水ぼうそうと同じように、はじめは透明な水ぶくれができて、それが黄色くなり、やがて黒いかさぶたになります。水ぶくれになっている間は、破ってしまうとそこから細菌感染することがあるので、破らないように処方された外用薬をぬっておきましょう。

 

抗ヘルペスウィルス薬を内服(あるいは点滴)して治療すれば、ほとんどの場合は3週間ほどで治りますが、高齢になればなるほど治りにくい傾向にあります。とにかく、安静にして栄養のある食事と十分な睡眠をとることです。

 

帯状疱疹は、もともと体内に潜伏していたウィルスが再発した時になる病気なので、人にうつることはありませんが、まだ水ぼうそうにかかったことのない人に接触すると、相手が水ぼうそうになってしまうことがありますので、特に乳幼児や妊婦さんと接触するのは控えるようにしましょう。

病気辞典トップへ