神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
パンフレットダウンロード

病気辞典病気辞典

更新
暑い季節にかかりやすい皮膚トラブルと家庭でのケア

あせも

毎日入浴し清潔にしていても、首のうしろや背中,肘のうらなどに赤くぶつぶつ発疹ができて、かゆみを伴ったりします。 特に汗をかく時期は、あせもになりやすい人は一日何回でもシャワーを浴びるようにしたり、まめに着替えたりしましょう。

 

軽いあせもは市販薬を試してみても良いでしょう。3~4日続けても治らないようなら皮膚科を受診しましょう。

 

虫さされ

まず、刺されないように虫除けスプレーなどを利用すること。刺されてしまったら掻き壊す前に早めに市販薬を使いましょう。 短時間で効果があるステロイドが含まれている薬が良いでしょう。

 

大きく腫れたり、水膨れになったりしたら、皮膚科を受診して下さい。 肌が弱く、湿疹になりやすい人も早めに治療しましょう。

 

とびひ

湿疹や虫さされ後を掻き壊したり、傷の跡がいつまでも乾かないと、そのうちジクジクした「かさぶた」や「発疹」が拡がってきます。 何もないところに突然「水膨れ」や「びらん」が出現することもあります。

 

とびひは抗生剤を内服しないと治りません。すぐに皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚の弱い子はとびひになりやすいので、傷をしっかり消毒します。かゆみのある湿疹は早めに治して掻き続けないこと、手のつめを良く洗うことなど気をつけ予防しましょう。

 

いぼ、水いぼ

どちらもウイルス性で増大することがあります。いぼ(尋常性疣せい)は手足や膝にできやすい硬いうおのめ様のできものです。皮膚科では液体窒素で凍結療法をして治療します。

 

みずいぼ(伝染性軟属腫)は脇腹やおしりなどにできやすい小さな透明のぽつぽつしたいぼです。プールなどで接触することで感染することがあります。治療はピンセットでつまんで除去したり、硝酸銀をつけて腐食させて取ることもあります。

 

このようないぼはほとんどの子は潜伏するだけで見た目に判りません。体質によりいぼが大きくなってくる子は増えてしまうと汚らしくみえたり、二次感染を起こしたりするので、除去していくほうが良いでしょう。痛くないように麻酔テープを使用する方法もありますので皮膚科で相談してください。

 

水虫

子供には少ないのですが、おじいちゃんやお父さんが水虫であるとまれに水虫になっている子がいます。 まず、家族そろっての治療が一番です。民間療法では完治しません。皮膚科を受診しましょう。

 

子供の水虫は治りやすいのですが、大人になると長引きます。かゆみがなくても皮が剥けていたり、爪が濁ったりしていたら水虫が潜んでいます。家ではスリッパや足拭きマットは毎日よく乾燥しましょう。靴も2~3足は用意して1日履いたら次の1日は乾燥させるようにしましょう。

病気辞典トップへ