神奈川区、港北区南部の皆様へ 福澤クリニックは外来診療から在宅医療まで一貫して担う医療機関です。

tel
24時間ネット予約受付
パンフレットダウンロード

当院からのお知らせ当院からのお知らせ

「もしも手帳」の配布を開始します。

横浜市では、人生の最終段階での医療・ケアについて、市民の方それぞれが元気なうちから考え、希望を意思表示できるように「医療・ケアについての『もしも手帳』」を作成しました。

市内全域の各区福祉保健センター高齢・障害支援課在宅医療連携拠点地域ケアプラザで配布を開始していますが、

当院でも配布を開始しました

見開きで薄く、持ち運びしやすいコンパクトなサイズ(9.5cm×13cm)です。
お薬手帳のケースとセットでお配りします。
考えた内容を携帯することで、かかりつけ医やかかりつけ薬局等との話し合いにつながります。

受け取りご希望の方は、受付スタッフまでお申しつけいただくか、お電話にて笠原または小林までお申しつけください。

 

■使い方

1、「考えてみる」

まずはご本人が質問に答えながら、自分の考えを整理してみます。
考える際には質問の順にこだわらず、答えた質問を振り返ることも有効です。

2、「話し合ってみる」

もしも手帳を見ながら、ご本人が整理した考えを人生の最終段階の医療・ケアにおいて関わってもらう人たちと話し合います。
これにより、ご本人が「もしも」の際にご本人が望む医療・ケアを関わってもらう人に伝えることができます。また、話し合うことで考えている内容がより深まる可能性もあります。

3、「かき直す」

話し合いや時間の経過、状況の変化によってご本人の考えが変わることがあります。考えが変わった際は再度かき直しておきます。かき直したらまた話し合いをしておくようにします。

 

ニュース一覧へ